Heel Training

 

【ツイテ・Heel】はリーダーウォークを完璧にマスター出来るかどうかの重要な鍵を握っているコマンドです。お散歩デビューの前にツイテを学ばせておくことが、リーダーウォークを確実にマスターするための最初のステップです。

【ツイテ・Heel】の教え方のポイント

 

しつけの心構え【しつけの時間はご飯前(空腹時)・出来なくても怒らない・飽きるまでやらない・出来たら褒める・最後は出来るコマンドで成功体験】をおさえ、根気よく、焦らず、子犬と楽しみながら♪学ばせていきましょう。

子犬の前足が、自分の靴紐あたりにあるのが正しい【ツイテ・Heel】の位置です。

 

【ツイテ・Heel】の教え方

 

:子犬と向かい合い、おやつを左手に持って鼻先に持って行きます。 

:子犬が手に持ったおやつに注目したら、コマンド【ツイテ・Heel】を言い、左手で反時計回りに円を描きながら、円にそって子犬を自分の左側へ誘導します。左側についたら褒めておやつを与えます。

 

1〜2を子犬が慣れるまで繰り返します。

 

:子犬と向かい合い、おやつを左手に持って鼻先に持って行きます。 子犬が手に持ったおやつに注目したら、コマンド【ツイテ・Heel】を言い、左足を一歩後方へ。左手で反時計回りに円を描きながら、円にそって子犬を自分の左側へ誘導し、後方の左足を元の位置に戻したところで、子犬が左側についたら褒めておやつを与えます。

 

子犬が3に慣れたら次のステップです。

 

:子犬が手に持ったおやつに注目したら、コマンド【ツイテ・Heel】を言い、左手で外側に円を描き子犬を自分の左後方へ誘導したら、一歩踏み出します。一歩進んだ場所で左側についたら褒めておやつを与えます

:4に慣れてきたら、踏み出す歩数を2歩、3歩と増やしていきます。この時、左手のおやつは子犬の鼻の位置に水平に移動させ、子犬が自分より前に出ないように手は自分の左後方に置きながら、誘導します。

 

4〜5を繰り返し、子犬が慣れたら次のステップです。

 

リードをつけます。左手におやつを多めに持ち、右手にリードを持ちます。コマンド【ツイテ・Heel】を言い歩きだします。歩いてる間は左手のおやつを子犬の鼻の高さ水平に移動させ、一口ずつおやつを与えながら、子犬が自分より前に出ないように手は自分の左後方に置きながら、誘導し、歩きます。

 

:6に慣れたら、曲がったり、くねくね歩いたり、走ったり、歩いたり、応用し、徐々におやつから、褒めることをご褒美に変えていきましょう。

:【ツイテ・Heel】がある程度出来るようになったら、【自由にしていいよ】というコマンド【Ok・Free】などを新たに教えましょう。ずっと【ツイテ・Heel】を命じられた歩きは犬にとって、ちっとも楽しい時間ではありません。訓練の最後に【自由にしていいよ】と言う解放のコマンドは色々な場面で使用できます。このタイミングで教えましょう。

<資料:Heel(YouTube)>

【ここが重要!】

リード(Leash)をつけて、歩く(Walking)とは?

 

上のステップ6“リード(Leash)をつけて、歩く(Walking)” ですが、米国では、リーダーウォークのことを、【(Loose) Leash Walking】と言います。

 

ここでお分かりでしょうか、コマンド【ツイテ・Heel】のステップ6がまさにリーダーウォークを表しています

訓練士によっては、「リーダーウォークが出来ない」と相談すると、いきなり外へ行き、無言で歩くこと、リードの持ち方、ショックの与え方などを指導する、いわゆる【ツイテ】を切り離して考える訓練士も中にはいらっしゃいます。

 

その方法でリーダーウォークが出来るようになる飼い主様もいらっしゃるとは思いますが、もし、“そのやり方ではリーダーウォークが中々うまくできなかった”、“何ヶ月も引っ張りに悩んでいる”という場合、曖昧だった【ツイテ・Heel】を改めてしっかり学ばせることから始めることをおすすめします。

 

子犬にとってもその方がはるかに解りやすく、恐らく、これまで行なっていた“リーダーウォーク”と比べ、学習はぐんとはかどるはずです。

愛犬の横に並んだ時にわかる。
ヒールトレーニングの正しい距離感。

ストロング ブレイデッド レザー リーシュ/三つ編み/60cm

Copyright©2015-2019 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.