Copyright©2015-2019 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.

■ローデシアン・リッジバック■

(Rhodesian Ridgeback)

ライオン・ドッグというニックネームを持つローデシアン・リッジバック。彼らに備わるのは【勇気】【俊敏さ】【スタミナ】【吠声】【狩猟欲】

ライオンを追い詰めるのが仕事である彼らの声は、威勢良く、また力強い。遠く離れたハンターにすぐに居場所を伝えることができる。ニックネームから誤解を招きやすいが、決して、ライオンを狩る強さが備わっているわけではない。

彼らの特徴でもある背中の逆毛【リッジバック】は、彼らを“ローデシアン・リッジバック”たらしめるものとして重要な部位ではあるが、同時に特殊な遺伝的疾患の部位でもある。

【ダーモイド・サイナス】という、リッジ(逆毛)を持つ犬種の特殊な疾患、皮膚が陥没(欠損)する先天性の皮膚の疾患である。

  • 原産地:アフリカ南部

  • 別名:ライオン・ドッグ(Lion Dog)

  • 平均体高:オス70cm メス65cm

  • 平均体重:オス35-40kg メス35kg

  • カラー:ライトヴィートン〜レッドヴィートン(茶〜赤色)

  • コート:短毛

  • かかりやすい疾患:ダーモイド・サイナス、肘形成異常、股関節形成不全

歴史

ローデシアン・リッジバックはヨーロッパの人々が南アフリカに持ち込んだ犬【ハウンド、マスティフ、グレート・デーン、ブラッドハウンド、ポインター、スタッグハウンド、グレーハウンド】などを掛け合わせて作出された犬種といわれています。

 

与えられた役目は、番犬として、または猟犬として。
 

そして現地に住まう狩猟採集・遊牧民族。コイ族の猟犬、背にうねのように隆起した逆毛(リッジ)がある犬とを掛け合わせ、最強のハウンドを誕生させることに成功しました。

<資料:YouTube>

ライオンドッグという名前の由来は、1870年代、ライオンを狩るためにアフリカのローデシアへと連れて行かれた数頭の犬たちがライオンを威嚇して追い詰めるという輝かしい成功を収めたことが始まりです。

適応性

 

マンション、アパートの適応

★★★★☆

 

初心者への適応

★☆☆☆☆

 

感受性レベル

★★★★☆

 

寒さへの適応

★★★☆☆

 

暑さへの適応

★★★☆☆

 

家族への愛情

★★★★★

 

子供への適応

★★★★☆

 

他人への適応

★★☆☆☆

 

他犬への適応

★★☆☆☆

グルーミングのしやすさ

★★★★☆

よだれの量

★☆☆☆☆

健康面の管理のしやすさ

★★★★☆

訓練のしやすさ

★★☆☆☆

知性

★★★★☆

狩猟欲

★★★★★

運動の必要性

★★★★★

エネルギーレベル

★★★★☆

【ローデシアン・リッジバック】

ハイライト​

  • 日本での年間登録頭数は1〜2頭の希少な犬種です。

  • 平均生体価格35万前後。

  • ローデシアン・リッジバックは、独立心が強く、猟犬としての能力だけでなく、番犬としても卓越した能力を備えています。

  • 独立心の強い犬種です。頑固で自我を押し通す傾向があります。そのため初心者や内向的な飼育者には向かない犬種とされています。

  • 若いローデシアン・リッジバックは、エネルギッシュでアクティブですが、成熟度やトレーニング次第で、非常に穏やかで静かな犬種になります。そのため、集合住宅地でも飼育が可能となります。

  • ローデシアン・リッジバックは、活発で、平均朝夕2回の散歩に加え、週2回前後ドッグランなどで、十分に走れる場を提供する必要があります。

  • ローデシアン・リッジバックにはしつけや訓練が必要です。家庭犬としての9つのしつけは必須項目です。

  • 希少な犬種のためペットショップなどではみかけないでしょう。そのため専門のブリーダーから譲り受けることになります。

<資料:YouTube>

▼ローデシアン・リッジバックおすすめ訓練用品Top10▼