Sit Training

子犬が新しい環境に慣れてきたらすぐに始められるのが、【スワレ(Sit)トレーニング】。これは最も簡単なしつけの一つですが、とても重要なコマンドです。

2019031211.jpg

【訓練用トリーツポーチ/プロクオリティ/Blue-Grey】

これから訓練を本格的に始めていくにあたって、トリーツポーチを一つ用意しておくと良いでしょう。

スワレ(Sit)の教え方

 

:ワンちゃんと向きあいおやつを見せます。

:ワンちゃんの鼻のすぐ近くにおやつを持って行きます。

:おやつを持った手をワンちゃんの鼻先からゆっくり滑らすように頭の上に向かって移動させます。

:ワンちゃんは手に合わせあごを上げ、自然と腰を下ろします。座ったら褒めておやつを与えます。(まだコマンドは言いません)

 

1〜4までを数回繰り返して、スムーズに出来るようになったら次のステップです。

 

:ワンちゃんが座りかけたときにコマンドを言い、座ったらおやつを与え褒めましょう。

:次第におやつの回数を減らし、コマンドだけで座れるように練習しましょう。

 

コマンドで座るようになったら次のステップです。

 

:スワレの時間を徐々に長くしていきましょう。

:「スワレ」は、朝、夕のご飯の時にも行ないましょう。手に持つのがおやつではなく食器になっただけで、やり方の基本は変わりません。 

:スワレをマスターしたあとは、毎回必ず食事の前は座って待たせるようにしましょう。

 

以下はワンちゃんがまだ「スワレ」をマスターしてないときに有効なやり方です。

 

10:ついでのしつけを行ないましょう。遊んでいる最中に、ワンちゃんがたまたま偶然に座ろうとしたら、コマンド「スワレ」を同時に言い、座ったらほめてあげましょう。

 

 

スワレ(Sit)を教えるポイント

 

ワンちゃんがジャンプしないように、おやつを持った手はワンちゃんに十分に近い位置に保って下さい。手を舐めてきてもおやつが落ちないようにしっかり持って下さい。

 

途中ワンちゃんが飛びかかってきたら、さっと避けて、ワンちゃんの意識をトレーニングに戻させましょう。

 

もし集中力がきれ始めているようなら、最後に1度コマンドを成功させてトレーニング終了としましょう。

 

ワンちゃんのお尻が完全に地面についていない時や中腰の場合は、座りやすいようにおやつをゆっくり鼻先▶目▶頭の上へ移動させ座るよう促しましょう。

 

無理にお尻を押す行為はワンちゃんの学習を遅らせます。必ず自ら座るように促しましょう。その方が何倍も早く覚えてくれます。

<資料-YouTube>23秒からトレーニングが始まります。

Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
  • YouTube Social  Icon
  • Instagram Social Icon

Copyright©2020 DobermanTimes,Doberman's blog(ドーベルマン.com).All rights reserved.